AGA情報 ハゲ改善

科学的にAGAに効く治療は?AGAガイドラインを徹底解説!

更新日:

いろんなシャンプーや育毛剤を使ってきたけど効果が無かったので諦めている。どれも効果がありそうに宣伝してるけどいつも裏切られるから信用できない。

そのような経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

はっきり言います。企業の宣伝、ブログでの育毛剤の紹介は信用しないでください。全て商品を売りたいがためのポジショントークです。

AGAに関しては、様々な研究機関が治療の効果を科学的に検証しており、効果のある治療方法に答えが出ているのです。

その英知をまとめているのが「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」です。

この記事では、このAGAガイドラインをできるだけコンパクトに解説します。これを読めば、育毛業界の様々な誇大広告に惑わされることが無くなります。

この記事では、以下の疑問を解決できると思います。

  • AGAガイドラインとは
  • AGAに効果のある治療方法は?
  • 科学的根拠のない治療方法は?

 

AGAガイドラインとは

日本皮膚科学会が、AGAの治療方針を定めた「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」というものがあります。

ポイントは、国内だけでなく海外も含めた様々な研究結果(論文)をレビューし、科学的根拠に基づいた情報を選び出し、標準的治療法を提示しているところです。

AGAガイドラインでは、治療方法として、科学的根拠に基づいていることを重視しており、ランダム化比較試験という実験結果を重要視します。

※以下の図は、エビデンス(科学的根拠)のレベルを表しています。

引用元:「メタ分析の必須事項」

メモ

「ランダム化比較試験」とは

AGA患者をランダムに、治療をするグループと、治療をしないグループに分け、経過観察し、一定期間後、治療の効果が見られるかを検証する試験です。大規模サンプルで検証するため、偶然性を排除でき、信頼性が高いのが特徴です。

引用元:「統計WEB 」16-4. 研究デザイン

「ランダム化比較試験」で効果が検証されている=科学的根拠のある治療方法なのです。

 

AGAに効果のある治療方法は?

AGAガイドラインでは、各治療の推奨度を以下の5段階で分類されています。

推奨度A (行うように強く勧める)
推奨度B (行うよう勧める)
----------------------
推奨度C1 (行っても良い)
----------------------
推奨度C2 (行わないほうがよい)
推奨度D (行うべきではない)

推奨度A~Bは治療の効果があり、かつ科学的に根拠のある治療方法です。

一方、C1以下は、効果が無いか、あっても科学的根拠に乏しい治療方法です。

各治療方法の推奨度は以下の通りです。

 

 

 

 

 

引用元:「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017年版」

 

推奨度A(強くすすめる)の治療方法は?

以下の治療方法は、科学的根拠の水準が高くAGA治療のマストです。

これをやらずに何をやる?レベルです。

  • フィナステリド
  • デュタステリド
  • ミノキシジル外用薬

 

【推奨度A】フィナステリド

男性型脱毛症に関して、高い水準の根拠があるので内服療法を行うよう強く勧める。

他方、女性型脱毛症には内服療法を行うべきではない。

フィナステリドとは、男性ホルモン(テストステロン)をより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換する II 型 5-α 還元酵素に対する阻害剤です。

<男性型脱毛症>
・メタ分析 1件
・ランダム化比較試験 12件

<女性型脱毛症>
・ランダム化比較試験 1件

<効果>
6ヶ月以上の服用で効果がみられる。
・1年<2年<3年と服用期間が長いほど効果が出る可能性が高くなる。
0.2mg/日の服用で効果がみられる。(1mg/日との有意差はみられない)

<副作用>
・副作用(男性機能障害・肝機能障害等)の発症率は概ね5%未満。
副作用の症状が発症した場合でも、フィナステリドが原因とする根拠がない。
※フィナステリド投与群と非投与群の比較試験において発症率に有意差はみられない。

<その他注意点>
・国内の試験は、20歳以上が対象のため、20歳未満の安全性は検証できていない。
・内服を中止すると効果は消失する。

<処方>
・クリニックでの処方がおすすめ。
 ※副作用の可能性もあるため個人輸入はおすすめしません。

フィナステリドに関しては、下記の記事も参考にしてください。

 

【推奨度A】デュタステリド

男性型脱毛症に関して、高い水準の根拠があるので、内服療法を行うよう強く勧める。

他方、女性型脱毛症には内服療法を行うべきではない。

デュタステリドとは、男性ホルモン(テストステロン)をより強力なジヒドロテストステロン(DHT)に変換する 5-α 還元酵素の I 型、II 型両者に対する阻害剤です。

<男性のみ>
・メタ分析 1件
・ランダム化比較試験 3件

<効果>
6ヶ月以上の服用で効果がみられる。
デュタステリド(0.1mg/日)≒フィナステリド(1mg/日)と同等の効果。
デュタステリド(0.5mg/日)>フィナステリド(1mg/日)の効果。

<副作用>
発症率は5~12%
・フィナステリドより発症率が高い可能性があるがその根拠は十分でない。

<その他注意点>
・新しい薬のためフィナステリドほどの研究の蓄積が少ない。
・1年を超える長期投与での効果や投与中止後の変化については検討されていない。
・国内の試験は、20歳以上が対象のため、20歳未満の安全性は検証できていない。

<処方>
クリニックでの処方がおすすめ。
 ※副作用の可能性もあるため個人輸入はおすすめしません。

デュタステリドの詳細は以下の記事を参考にしてください。

 

【推奨度A】ミノキシジル外用薬

男性型、女性型ともに、高い水準の根拠があるので、外用するよう強く勧める。

  • 男性型脱毛症には、ミノキシジル「5%」が望ましい。
  • 女性型脱毛症には、ミノキシジル「1%」が望ましい。

<男性>
・メタ分析 1件
・ランダム化比較試験 14件

<女性>
・メタ分析 1件
・ランダム化比較試験 10件

<効果>
・男性は、2%以上で効果がみられ、5%で最も高い効果がみられた。
・女性は、1%ミノキシジル液で効果がみられた。(国内で2%以上の試験は未実施)

<副作用>
瘙痒、 紅斑、落屑、毛包炎、接触皮膚炎、顔面の多毛などが 報告されている。
・発症率は、5%ミノキシジル(6-14%)が、2%ミノキシジル(2-6%)よりも高い。

<その他注意点>
・パッチテストの結果でないため、副作用はミノキシジルだけの作用とは言い切れない。
※アルコールの影響も考えられる

<処方>
・クリニックでの処方がおすすめ。(フィナステリドと併用が効果的)

<市販品>
「リアップX5」大正製薬

 

推奨度B(行うよう勧める)の治療方法は?

こちらは、推奨度Aに比べ根拠は弱いものの、十分有効性が示されている方法です。

  • LED、低出力レーザー
  • アデノシン外用薬

※外用薬は「ミノキシジル」が推奨度Aなので、あえて「アデノシン」を選ぶ必要はないと思います。

 

【推奨度B】LED・低出力レーザー

発毛効果に関しては、有用性を示す十分な根拠があり、副作用も比較的軽微であることから、適切な機材を使用して行うよう勧めることにする。

有用性を示す十分な根拠がある。

<男性>
・ランダム化比較試験 4件

<女性>
・ランダム化比較試験 3件

<市販品>
「HairMax レーザーバンド82」

 

【推奨度B】アデノシン外用薬

発毛効果に関しては、 男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため、外用療法を行うよう勧める。

一方、女性に対する有効性を示す根拠はまだ不足しているが、副作用が軽微な点や女性用の製品が販売されている点も考慮し、外用療法を行ってもよいことにする。

有効性を示す十分な根拠がある。

<男性>
・ランダム化比較試験 3件

<女性>
・ランダム化比較試験 1件

<市販品>
「アデノゲン」資生堂

 

推奨度C1 (行っても良い)の治療方法は?

科学的根拠が薄いが、症例報告等効果を示す研究も存在するため、「行っても良い」とされています。

個人的な意見としては、同じ外用薬であれば、推奨度Aの「ミノキシジル」を選ぶべきと思います。

  • カルプロニウム塩化物外用薬
  • t- フラバノン外用薬
  • サイトプリンおよびペンタデカン外用薬
  • ケトコナゾール外用薬

 

【推奨度C1】カルプロニウム塩化物外用薬

外用での有用性は、現段階では十分に実証されていない。

しかし、 5%カルプロニウム塩化物は長年にわたり保険適応となっており、生薬との合剤を含むわが国での膨大な診療実績を考慮し、行ってもよいことにする。

ランダム化比較試験による検証がない
※ 非ランダム化比較試験 1件
※ 症例集積研究 4件

<市販品>
「カロヤンガッシュ」第一三共ヘルスケア

 

 

【推奨度C1】t- フラバノン外用薬

発毛効果に関しては、有効性を示す弱い根拠が存在するので、外用を行ってもよいことにする。

一方、女性型脱毛症に対する有効性を示す根拠はまだ不足しているが、副作用が軽微な点も考慮し、行ってもよいことにする。

ランダム化比較試験が1件あり、弱い根拠が存在。
※ランダム化比較試験 1件

<市販品>
「サクセスバイタルチャージ」花王

 

【推奨度C1】サイトプリンおよびペンタデカン外用薬

発毛効果に関しては、有効性を示す弱い根拠があるので、 副作用が軽微な点も考慮し、これらを含む育毛剤の外用療法を行ってもよいことにする。

ランダム化比較試験が1件あり、弱い根拠が存在。
※ランダム化比較試験 1件

<市販品>
「毛髪力INNOVATE」ライオン

 

【推奨度C1】ケトコナゾール外用薬

発毛効果に関しては、有用性を示す弱い根拠 があるので外用を行ってもよい

一方、 女性型脱毛症に対する有効性を示す根拠は未だ不足しているが、副作用が軽微な点も考慮し、同じく行ってもよいことにする。

ランダム化比較試験による検証がない。
※非ランダム化比較試験 1件
※症例集積研究 2件

 

推奨度D (行うべきではない)

ミノキシジル内服薬

日本のAGAクリニックでは、ほぼ間違いなく処方される「ミノキシジル内服薬」が推奨度Dとされています。

外用薬で推奨Aの「ミノキシジル」を飲むので、効果は非常に高いです。私も服用していますが、頭髪だけでなく、体毛も含めて凄まじい効果が出ております。

ガイドラインで、推奨度Dとなった理由としては下記が挙げられます。

  • もともと降圧剤(血圧を下げる薬)でありAGAの治療薬として認可されていない
  • ランダム化比較試験が行われておらず、効果と副作用が十分に検証されていない

そのため、個人輸入で服用はせずに、医師の処方のもと、定期的に血液検査等副作用が出ていないか経過観察をしながら慎重に服用すべきです

ミノキシジルの副作用に関しては下記の記事を参考にしてください。

 

【まとめ】治療はこれだけでOK

既にAGAの方(軽症含む)は、科学的根拠のある「推奨度A」の治療が必要。

【男性】  フィナステリド  + ミノキシジル外用薬(5%)


【女性】 ミノキシジル外用薬 (1%)

 

 

「ミノキシジル内服薬」の服用でより発毛効果が見込めるが医師の診察のもと慎重に服用すべき

 

【管理人厳選】おすすめAGAクリニック

AGAクリニックを以下のポイントで厳選しました。

① AGA専門医と豊富な治療実績
AGA専門医が在籍しており、治療実績が豊富な大手クリニックであることが前提です。治療実績や症例数は良いクリニックの条件です。

② リーズナブルな価格
治療薬の価格が安い/リーズナブルであることが最も重要です。治療薬の内容はどのクリニックでも同じだからです。また、AGA治療に終わりはありません。今後10年、20年継続することを考えて可能な限り価格は抑えましょう。

③相談のハードルが低い
通いやすい立地はもちろん、カウンセリングが無料であること、オンライン診療などの選択肢が豊富なことも重要です。

 

湘南美容クリニック(AGA)

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

治療薬の価格が3,000円~19,800円でクリニック最安値

AGA専門医が多数在籍、症例数18万5000件、年間186万人の治療実績

専門医の無料カウンセリングオンライン診療にも注力

メモ

まとめ買いオンライン診療を使えば大手クリニック相場の半額程度まで費用を下げることが可能です。

例えば、治療薬のフルセットがクリニック相場3万円台のところ、正規料金で19,800円、まとめ買いで16,500円、オンライン診療で13,000円まで下げることができます。

-AGA情報, ハゲ改善

Copyright© モトハゲリーマンの流儀 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.