AGA情報 ハゲ改善

M字ハゲの原因と科学的な治療方法を解説

更新日:

これまで育毛シャンプーや育毛剤を試してきたけどハゲの進行が止まらない。もう諦めるしかないのかなぁ。。

そんな疑問にお答えします。

モトハゲリーマン
こんにちは。モトハゲリーマン (@moto_hageryman)です。

私はAGAの治療をしてM字ハゲを改善しました。治療の成果は以下をご覧ください。

 

■治療開始前⇒治療開始7ヶ月

 

この記事では、M字ハゲ(AGA)の原因と最も効果的で科学的根拠がある治療方法を解説します。

育毛剤、育毛サロン、植毛等、薄毛対策商品やサービスは数多くあります。そして、ネット上には勧めたい商品やサービスありきで都合良く書かれた記事も散見されます。

あなたがAGAに該当するのであれば、情報に惑わされる必要はありません。この記事に書いてある治療を検討してください。

 

M字ハゲの原因は?

M字ハゲの多くはAGA(男性型脱毛症)と言われています。

AGAは毛髪サイクルが乱れる病気です。

髪には1本ごとに寿命があり、成長期→退行期→休止期というヘアサイクルを繰り返しています。正常時のヘアサイクルは2~6年で15回程度繰り返し、寿命を終えると、その毛穴からは髪が二度と生えてこなくなります。

AGAになるとヘアサイクルが数ヶ月~1年未満になるため、15回の寿命をすぐに使い切ってしまい、結果薄くなってしまいます。

引用元「湘南美容クリニック」

では、なぜヘアサイクルの短命化が起こるのでしょうか。

それを引き起こす原因物質は、悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)です。ジヒドロテストステロン(DHT)は、男性ホルモンテストステロンが、頭髪の毛根付近に存在する5αリダクターゼという酵素と結合することで生まれる物質です。

この物質が毛根内に増えていくと、ヘアサイクル(毛周期)が乱されてしまう事で正常な発毛がされなくなり薄毛が進行していきます。

 

AGAの治療方法は?

AGA治療の基本は治療薬です。日本皮膚科学会が発表しているAGAガイドライン2017推奨度A(行うことを強く勧める)として科学的に有効性が認められている治療薬は2種類のみです。

1.  フィナステリド<進行を止める>
2.  ミノキシジル <発毛促進>

推奨度Aは、科学的根拠が複数あり、効果が出る可能性が高い治療方法です。それ以外の育毛剤は効果が証明されていないので、お金と時間をかけるのは無駄です。

AGAガイドラインの詳細は以下の記事で解説しています。

 

フィナステリド<進行を止める>

フィナステリドは、AGAの原因となるDHTを増やす酵素(5αリダクターゼ)を抑制し、DHT自体の発生を抑えることで、AGAの進行を止めます。

フィナステリドがAGA治療の一丁目一番地です。進行をストップしなければ発毛もできません。フィナステリドは複数の研究で効果が示されています。簡単にまとめると以下の通りです。

  • 6ヶ月以上の服用で効果がみられる。(硬毛数が有意に増加)
  • 1年<2年<3年と服用期間が長いほど効果が出る。
  • 0.2mg/日の服用で効果がみられる。(1mg/日との有意差はみられない)

また、フィナステリドの副作用を示す研究結果は以下の通りです。

  • 男性機能障害、肝機能障害の発症確率は5%以下
  • 発症した場合も、フィナステリドが原因とする根拠がない
    ※フィナステリド投与群と非投与群の比較試験において発症率に有意差はみられない

AGAの進行を食い止める効果が証明されており、男性機能障害、肝機能障害などの副作用リスクも極めて低いと言えます。

 

フィナステリドの効果や副作用の研究は以下の記事で解説しています。

 

ミノキシジル<発毛促進>

ミノキシジルは発毛を促進する効果がある薬です。

ミノキシジルは発毛効果が科学的に証明されている唯一の発毛剤です。血管を拡張させることで、血流を増やし、それによって栄養分が毛乳頭や毛母細胞に運ばれ、活動を活発にして毛が成長するのを促します。

フィナステリドで進行をストップした上でミノキシジルで発毛させるのが鉄板です。

以下は、ミノキシジル外用薬(塗り薬)の効果に関する研究は以下の通りです。

  • 男性は、2%以上の濃度で効果がみられ、5%濃度で最も高い効果がみられた。
  • 女性は、1%濃度のミノキシジル液で効果がみられた。(2%以上の試験は未実施)

副作用の研究結果は以下の通りです。

  • 瘙痒、 紅斑、落屑、毛包炎、接触皮膚炎、顔面の多毛などが 報告されている。
  • 発症率は、5%濃度のミノキシジルで6%と非投与群(3%)よりもやや高い。
  • 副作用はアルコールの影響も考えられる。(パッチテスト未実施)

世の中の育毛剤の成分で、ミノキシジルほど科学的に効果が証明されている成分はないので、育毛剤を使うのであれば、ミノキシジルが主成分のものを使いましょう。

よくミノキシジルより効果があることを匂わせる訴求をしている商品がありますが、2019年現在、ミノキシジルより効果が証明されている成分はありませんので騙されないようにしましょう。

 

【参考】ミノキシジルタブレット

ミノキシジルには飲み薬もあります。

血圧を下げる効果があるため、もともとは高血圧の治療薬として開発されましたが、服用した人に発毛効果がみられたことから、AGAの治療薬として使用されています。

体内から血行を促進するため、外用薬よりも発毛効果は高いといわれており、ほとんどのAGAクリニックで発毛を目指す場合処方されます。ただ、AGAガイドラインでは推奨度Dとされている点は注意が必要です。

  • 血圧を下げる薬でありAGAの治療薬として認可されていない
  • 科学的根拠のある研究が少なく、効果と副作用が十分に検証されていない

私もミノキシジルタブレットを服用しており、髪の成長速度と同じスピードで体毛が成長したため、この薬の効果が最も高いと感じていますが、副作用に関して詳細な研究が行われていないため、慎重に経過を見つつリスク管理すべきだと思います。

 

治療薬の組み合わせ

治療薬は、進行を止める「フィナステリド」か「デュタステリド」は必須になりますが、発毛を目指す場合は「ミノキシジル」も必要です。費用はかかっても発毛効果を最大化したい場合は、塗り薬と飲み薬両方使いましょう。

治療薬の組み合わせは以下の通りです。③>②>①の順で発毛効果は高くなりますが費用や副作用リスクは上がります

目的 治療薬
① 進行防止 フィナステリド(※)
② 発毛促進 (レベル1) フィナステリド(※) +ミノキシジル (塗り薬)
③ 発毛促進 (レベル2) フィナステリド(※) +ミノキシジル (塗り薬+飲み薬)

(※) フィナステリドの代わりにデュタステリドを服用するケースもあります。

 

AGA治療薬の入手方法

AGA治療薬の入手方法は以下の3パターンありますが、選択肢としてはAGAクリニック一択です。

費用 正確な診断 治療薬の安全性 服用後の診察
① 個人輸入(通販) × ×
② 皮膚科
③ AGAクリニック

 

①個人輸入(通販)

圧倒的な価格の安さと引き換えに大きなリスクを負いますので絶対におすすめできません。

薬の成分が信用できない。

有効成分が表示通りに含まれているのか、身体に害のある成分が含まれていないか保証できません。例えば、フィンペシアという薬を個人輸入で購入している方も多いですが、国際毛髪学会で偽物が良く出る薬の1つとして注意を促しているようです。ちゃんとした薬なのか不安を持ちながら服用するのは精神的にも良くありません。

医者に処方してもらえない。

クリニックであれば、血液検査など健康状態を把握した上で、適切な分量で処方してくれますが、個人輸入であれば、それすら自分で考えなければなりません。また、副作用が出た場合の対処も難しくなります。

 

②皮膚科

皮膚科では医師に薬を出してもらえますが、以下のデメリットがあります。

皮膚科の医師はAGAの専門医ではない

医師に処方してもらえますが、AGA専門医ではないので、正確な診断や専門的なアドバイスは期待できません。フィナステリドを処方するだけというのが現実です。

発毛治療はできない

皮膚科での治療薬は、フィナステリドのみです。ミノキシジルの処方はありませんので、進行を止めることはできますが、発毛治療はできません。

上記のデメリットがあり、フィナステリドも安いわけではないので、選ぶ理由がないです。

 

③AGAクリニック

この中ではAGAクリニック一択です。以下の点で安心して治療できます。

  • 治療薬の安全性
  • 正確な診断・健康状態の把握
  • 服用後の治療経過の把握

一方で、治療薬の費用がそれなりにかかってしまう点が唯一のデメリットです。

ただし、クリニックによっては治療薬の費用をできるだけ抑えることも可能ですし、オンライン診療で治療薬が安くなるクリニックもありますので、月1万円前後で発毛治療をすることが可能です。

月1万円代で安心も買うと考えればAGAクリニックのコストパフォーマンスは高いと思います。

 

AGAクリニックを選ぶ基準は?

それでは、AGAクリニックはどのような基準で選べば良いのでしょうか。

私は以下3点を重視すべきと考えています。

  1. AGA専門医/治療実績が豊富なこと
  2. 治療薬の価格が安いこと
  3. 継続しやすいこと

 

AGA専門医/治療実績が豊富なこと

AGAの専門医がおり治療実績が豊富なクリニックであることが大前提です。

当然ですが、治療実績が豊富なクリニックは良いクリニックです。多くの症例を診ているので、治療経過や副作用に関しても過去の経験やデータに基づいた判断ができるからです。

基本的に大手AGAクリニックであれば実績に大きな差はないと思いますが、ホームページを見て以下の点は確認しましょう。

  • AGA専門医がいるか?
  • 症例が公開されているか?
  • 自分と似たような症例があるか?

症例に関しては、自分と似たような症例があるか確認しておきましょう。

AGA治療は、生え際から後退するM字ハゲの方が難易度が高いので、頭頂部のAGAの治療実績しかないクリニックは避けましょう。

 

治療薬の価格が安いこと

実績があるクリニックであることが前提で、私は治療薬の価格を最も重視します。

理由① 治療薬はどのクリニックも同じ
理由② 生涯コストに大きな差がでる

 

理由①治療薬はどのクリニックも同じ

治療薬の内容はどのクリニックでも変わりません。どのクリニックでもフィナステリド+ミノキシジルが処方されます

費用が高いクリニックに限ってオーダーメイドの処方を謳っていたりしますが、だまされてはいけません。治療薬の成分が同じである限り効果に差はありませんし、個人に合わせて治療薬を絶妙にブレンドしてくれることもありません。

費用の違いは、単純にクリニックのビジネスモデルの違いだと考えてください。

治療薬メインのクリニックは治療薬が収入源ですので、治療薬の費用は高めに設定されていますが、植毛などそれ以外に収入源があるクリニックは、治療薬の価格を下げることで患者の母数を増やし、より単価の高い治療に繋げることが理に適っています。

高額な治療を強要されるわけでもないので、治療薬だけ安く処方してもらえば良いと思います。治療薬で改善する可能性が高いので初回から治療薬以外のオプションを勧めてくるクリニックはあまり信用できないです。

 

理由②生涯コストに大きな差がでる

AGAの治療に終わりはありません。一度生えたら終わりでなく、髪を維持したい期間は薬を飲み続ける必要があります。つまり、今後10年、20年治療を継続する前提で費用を考えるべきです。

私は、治療薬が安いクリニックにすることで、月3万円が相場の治療薬を半額程度で処方してもらっています。

まだ30代前半なので、10年、20年治療を続ける可能性が高いです。

月15,000円費用を節約できれば、1年間で18万円、10年間で180万円、20年間で360万円の節約になります。長い目で見れば、1ヶ月の費用差が生涯的には大きな差になります。

 

継続しやすいこと

AGAの治療に終わりはありませんので無理なく続けられることが必要条件です。

以下のいずれかがあるクリニックにしましょう。

  • 通える範囲にクリニックがある
  • オンライン診療で自宅でも診察が受けられる

特に、通える範囲に店舗があり、オンライン診療もやっているクリニックはおすすめです。

治療開始1年間はクリニックで対面で診察してもらった方が安心ですが、2年目以降の継続は、オンライン診療に切り替えれば、通院する手間も省け、プライバシー面も安心ですし、費用が下がることが多いです。

 

まとめ

  • M字ハゲの原因はAGAの可能性が高い。AGAは男性ホルモンが「5α還元酵素」と結合することで「悪玉男性ホルモン(DHT)」となりヘアサイクルを短命化させる。
  • AGA治療は、「フィナステリド」or「デュタステリド」+「ミノキシジル」の治療薬が鉄板
  • 初めての治療は、AGAクリニックで処方してもらうべき。適切な診断が受けられ、治療経過、副作用も相談できる。
  • AGAクリニックは、①AGAの治療実績、②治療薬の価格(最優先)で選ぼう。
  • 価格を最優先すべき理由は、①治療薬の効果はどのクリニックでも変わらないから。②生涯コストに大きな差が出るから。

 

【超おすすめクリニック】AGA専門クリニックで実績があり、価格は業界最安値。


湘南美容クリニックの公式サイト

 

【管理人厳選】おすすめAGAクリニック

AGAクリニックを以下のポイントで厳選しました。

① AGA専門医と豊富な治療実績
AGA専門医が在籍しており、治療実績が豊富な大手クリニックであることが前提です。治療実績や症例数は良いクリニックの条件です。

② リーズナブルな価格
治療薬の価格が安い/リーズナブルであることが最も重要です。治療薬の内容はどのクリニックでも同じだからです。また、AGA治療に終わりはありません。今後10年、20年継続することを考えて可能な限り価格は抑えましょう。

③相談のハードルが低い
通いやすい立地はもちろん、カウンセリングが無料であること、オンライン診療などの選択肢が豊富なことも重要です。

 

湘南美容クリニック(AGA)

湘南美容外科クリニック(AGA治療・自毛植毛)

治療薬の価格が3,000円~19,800円でクリニック最安値

AGA専門医が多数在籍、症例数18万5000件、年間186万人の治療実績

専門医の無料カウンセリングオンライン診療にも注力

メモ

まとめ買いオンライン診療を使えば大手クリニック相場の半額程度まで費用を下げることが可能です。

例えば、治療薬のフルセットがクリニック相場3万円台のところ、正規料金で19,800円、まとめ買いで16,500円、オンライン診療で13,000円まで下げることができます。

-AGA情報, ハゲ改善

Copyright© モトハゲリーマンの流儀 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.